カウンセリング

カルマの解消について考えてみます

カウンセリング60分

カルマ〈業)があるからなかなか苦しみから抜け出せないのでしょうか?

そのようなお話をお聞きします

理解されない環境でいるので、怒りが湧いているようです

そのようなことが多いので、自分の過去や前世に悪いことをしたカルマなのかと考えているようです

前世の影響などで考えると、自分ではどうにもならないように思えてしまいますので、心理的にも考えた方が良いかもしれません

カルマの作用を心理的に考えた時

前世からの自分のマイナス行為が今自分の苦として返ってきていると捉えているかもしれません

ではカルマを前世なしに説明すると

出来事が起きた時にカルマの作用によってマイナス感情(怒り)が生じる。

つまり、

出来事⇒苦⇒カルマ⇒怒り

という流れになります

このカルマの作用というのは、相手は残忍、残酷だという解釈をしてしまう部分によって怒りが生まれています

そんなの当たり前ではないかと思ってしまうと思いますが、ではダルマの働きだったらどうでしょう

ダルマの作用とは

ダルマとはカルマとは逆で良いことをしたら良いことが返ってくるという意味で使われていますが、本来はある出来事が起きたら、それに対して慈悲な心が生じることを意味します

つまり

出来事⇒苦⇒ダルマの作用⇒慈悲

ということになります

何度言っても相手が理解してくれない時に、未熟な部分はみんな持っているからそれを育てていこう

というダルマの作用があると、慈悲の作用から相手に対して可哀そうという感情が生まれてきます

つまり

最初は苦痛に感じて怒りもでてくるが、それをダルマの作用で 慈悲の心の作用でゆったり待って育てていこうという寛容な心が生まれてきます

焦らず、せこせこして相手を変えようと考えるのではなく、前世~今世~来世などの魂の時間の流れまで広げて感じていると、ゆっくりゆっくり相手も自分も成長してきているという慈悲の心、ゆるしのこころが芽生えてきます

魂の悠久な時の流れに意識を合わせて、怒りから慈悲の心を育ててみましょう

生き辛さを抱えている人、悩みを一人で抱えている人は、相談することで新しい視野を得て、解消していく道筋が見えてくるかもしれません。お役に立てることもあるかもしれませんので、当院までご相談くださいね


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
    Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    最近の記事

    1. 遠隔ヒーリング(コロナ後の倦怠感 霊的症状)

    2. 風邪の症状後の自律神経失調症②

    3. 風邪の症状後の自律神経失調症

    おすすめ記事