カウンセリング

どちらの選択も出来ずにグルグル思考になった時に考えておくこと

カウンセリング

悩みに囚われてしまうパターンとして

選択肢があっても、どちらのマイナス面しか意識が向かなくて、答えが出せずに、グルグル思考に陥ってしまう

と言うパターンが多いです

例えば

今の職場の人間関係が嫌でしょうがないので、このまま働き続けるのは嫌だ

転職も考えているが、また同じように人間関係で悩む可能性もあるので、転職もあまり気が進まない

という感じで、どちらの選択も

嫌だ

気が進まない

という想いなので、解決できません。

そして思考だけがグルグル回り、悩み続けることになります

色々なことを考え続けるだけでも、脳はエネルギー(カロリー)を消費しているので、動いていなくても次第に疲れて動けなくなってしまうわけですね。(脳は一日平均400カロリー消費していると言われています)

どちらの選択も嫌だと感じるけど、それでも前に進みたいと思った時に考えておくことが

①その選択を選ぶことによる、自分にとってどんなメリット面があるか

②抑圧されている怒りがないかのチェック

異なる2点の角度からも考えておいた方が良いのかもしれません

①その選択を選ぶことによる自分のメリットを考える

という点では、どんなデメリットがあるのか?と言う角度からしか見ていません

そうなると冷静な判断ができませんので、自分にとってのメリットも考えておいた方が、よりニュートラルな思考で選択することができます

メリット+デメリット=中立

という感じで物事が見れるので選択した後、後悔することが少なくなります

もうひとつは

②抑圧されている怒りがないのチェックですが

長年嫌な事を我慢し続けて生きていると

嫌だ!

という想いが強くなるので、その場合は問題解決をしたいというより

今までの抑圧されている怒りを、表現したがっていると考えた方がよいです

ですので選択できないから悩むというより、過去の抑圧された怒りが浮かんできています

どちらも嫌だ!

何故昔から私ばかり嫌なことを我慢し続けなくてはいけないのか

と表現します

この場合は①では解決せず、どれだけ我慢してきたのかを理解し、共感することで感情のわだかまりが鎮まり、自然と前に進めるようになってきます

どちらの選択も嫌だと思った時は、①か②かどちらのタイプなのかを参考にしてみてくださいね

グルグル思考で大切な時間とエネルギーを消耗するより、本当にやりたいことに時間とエネルギーを費やしていきましょう

マイナス思考 グルグル思考でお悩みで相談ご希望の方は、下記のフォームに記載して送信ボタンを押して下さい。のちほど記載されたアドレスに返信いたします

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。