気分変調症(抑うつ神経症)

気分変調症のトータルセラピー

トータルセラピー120分

気分変調症のクライアント様のヒーリングです

自分のマイナスの世界観に囚われていたので、体も心も疲れている

とのお話しです

ヒーリングのポイントとして

メンタル体マイナス想念⇒脳疲労⇒硬膜緊張

薬(精神、痛み)⇒肝臓の代謝力低下による疲労感

部屋の闇⇒アストラル体の闇⇒マイナス感情に囚われる

アストラル体に恐怖心⇒腎臓⇒トイレが近い

などが気になるポイントでした

ヒーリング中から、体からエネルギーが戻ってきた感覚があったようです

カウンセリングでも、色々とやりたいことが浮かんできたようですので、心身とも回復してきたようですね

いずれにしても、神経症の症状が強くなると、自分を苦しめる環境に縛られて脳疲労を起こしてしまうので、囚われにくい生活環境に身をおくようにすることが必要です

気分変調症・抑うつ神経症・慢性疲労症候群の施術のご相談は下記のフォームに記載後返信ボタンを押して下さい

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。