内臓(消化器系)

腰痛と胃痛

整体60分コース

初めて来院された腰痛と胃痛の症状のクライアントさんです

お話をお聞きした所、腰の痛みが良くなったり、悪くなったりを数十年来繰り返しているということでした。

それに加えて今、胃腸の調子が良くなく、食事後の胃の痛み、便秘もするようになったとのことです。

体の様子を詳しくお聞きすると、胃腸の調子が悪くなると、腰もだんだん痛くなり、その後足の外側もだんだんだるくなって、体のバランスがおかしくなる気がするんですとお話しされていました。

『私の感覚としては、胃腸が張ってくると、腰が痛くなって、足がだるくなる感じがするので、それをお医師さんに説明するんですが、整形外科では、レントゲンで診てヘルニアだから手術した方がいいですねと言われるだけですし、内科に行ってもお薬りもらうだけで誰も、私の訴えを聞いてくれないんです。HP見たら、内臓についての手技があるので、一度見てもらおうと思ってきました。私の感覚はおかしいんですかね~と』
言われました。

触診でお腹の様子を診させて頂きましたら、クライアントさんが言われる場所付近に張りを感じ、詳しく診ると、横隔膜や胃、十二指腸、胆管に制限がありました。また大腸の結腸曲にも制限を感じました。ツボの反応をみると、胃、十二指腸、胆管に反応がでていました。

クライアントさんが感じる場所付近は確かに制限がありますよと伝えて、施術に移行しました。

気診断で最初の施術ポイントを決めると、頭部のサハスララチャクラと続いてアジナーチャクラに誘導されましたので、ヒーリングを初めました。

ヒーリングを始めようと手を置き、エネルギーが体内に流れ始めた瞬間にクライアントさんは寝てしまいました。一秒掛からなかったと思います。

すごく疲れてはるんだな~と思いつつ施術を始めました。チャクラの施術が終了すると、次に内臓の施術に入りました。胃、十二指腸、括約筋、横隔膜、肝胃間膜、の施術しました。内臓の施術に大半の時間を費やしましたが40分ぐらい経過したのち手が止まりました。次は、また頭です

次は高次元のエネルギー体からエネルギーをクライアントに送って頂きました。、それで体全体にエネルギーが補充された感じがしました。

そこで手が止まりました。念のため、胃と十二指腸のツボの反応をみましたが、まだ少し残っていました。次は胃の経絡内の気の流れを良くすると、ツボの反応はなくなりました。

手がどこにも誘導されなくなったので、クライアントさんに体の状況を確認して頂きました。

『腰も楽になっています。後久しぶりに腸が動いている感覚が出てきました。良かったです。何より良かったのは、私の感覚は間違えてなかったのが嬉しいです』

と言われていました。

胃腸の不調の原因は精神的なストレスが引き金になっている気がしたので、

『精神的な影響で胃腸の機能が低下しているように感じました』

と伝えた所

『実は言ってなかったのですが、この2か月会社で非常に辛い立場に立たされ本当に大変でしたが、今何とか収束にむかっています』

と言われました。

『精神的なストレスのエネルギーを胃腸が身代わりになって引き受けてくれたおかげで、心の負担が少し和らいだとおもいますのよ』

と伝えると

 『胃腸に感謝しないといけませんね~』
 『全身全霊でお仕事取り組んでいらっしゃったのが身体の状態を見てよくわかりました』
 『ありがとうございます。そういってもらえると嬉しいです』

と言う会話をしたのち、お帰りになられました。

仕事での極度のプレッシャーに加え、自分の体に対する訴えを聞いてもらえないジレンマで、相当辛い状況であったことが推測されます。

常識という色めがねをかけてみると、真実が見えないことがあります。自分の常識を一旦外して、今の状況をしっかり見つめなおすことが、真実にたどりつく道だと思いました。

胃腸の不調や胃痛の施術にまつわるご相談、ご質問は下記のフォームに必要事項を記載して送信ボタンを押してください。のちほど記載されたアドレス宛に返信いたします。

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 遠隔ヒーリング(コロナ後の倦怠感 霊的症状)

  2. 風邪の症状後の自律神経失調症②

  3. 風邪の症状後の自律神経失調症

おすすめ記事