肩の症状(五十肩 肩甲骨等)

肩甲骨内側の痛み

整体60分コース

今日は通勤中に左肩甲骨内側に違和感を感じました。

院内の掃除を終えて、仕事前に気功体操をしていると、だんだん痛みが増してきました。

すぐ治るだろうと想い、30分程気功体操をしましたが、あまり変わりません。

これは、きっちりやらないと治らないな~と思いつつ、午前中暇だったので自分の体を施術することにしました。

痛みはT4左肋横突関節です

大きな原因はS状結腸周りの緊張が原因のように思えましたので、よく観察すると

邪気がありました。これを浄化し結腸のマニュピレーションをしました。

下腹部の気の巡りが良くなってきて、痛みがあった左の第4肋横突関節も楽になりました。

治ったかと思って、気功体操をしていたら、しばらくしてまた痛みが出てきました

次に左の腸骨が前傾をでしたので調整、左の脊柱起立筋の緊張がありましたので、カウンターストレインにて解消し、それで痛みが無くなりました。

それで気功体操を続けていると、督脈側の気の流れが停滞しているのに気づき、意識して督脈を流していると、まただんだん痛みがでてきました。

なかなかしつこい痛みだな~とおもいつつ、経絡に影響があるエーテル体のバランスを調整すると、督脈の気の流れが良くなり、痛みもなくなりましたが、念のため背中に手を回し、なんとか肩甲骨の内側を押してみました

痛い!

動作では痛みはでなくなったが、押すと痛みがある・・・

そこで、肋横突関節の上方変位なのがわかったので、肋骨にアプローチしたのと、T4レベルの胸椎のカウンターストレインをしました

もう一度触ってみました

もう痛くない!柔らかくなってる

そして動作も痛くなく、数時間放置しても痛みはでません

ようやく治りました

今回は

S状結腸→左腸骨前傾・脊柱起立筋緊張→エーテル体の調整・督脈の流れ改善→肋横突関節・T4の調整で治りました

ひとつの主訴を治すのに、複数の原因の解消が必要となった施術となりました

自分の体の不調でも、色々勉強になることが多いですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございます

背中の痛み、五十肩の施術についてのご相談、ご質問は下記の必要事項に記載して、送信ボタンを押してください。

のちほど記載されたアドレス宛に返信いたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 遠隔ヒーリング(コロナ後の倦怠感 霊的症状)

  2. 風邪の症状後の自律神経失調症②

  3. 風邪の症状後の自律神経失調症

おすすめ記事