天占易学

八方塞がりになった時の天占易学での解決法

カウンセリング60分

西宮市の天占易学カウンセラー、ナカムラヒーリングオフィスの中村です

当院のクライアントさんとの会話の中で

やること、やることうまくいかない
八方塞がり
逆風が吹いているような感じだ


というお話しをお聞きすることがあります

さまざまな理由からそのように感じていらっしゃいます。

どのような方向性で進めばいいのか

このような相談の場合に当院では

天占易学

という運勢哲学を用いて、アドバイスすることがあります
天占易学とは、その人自身が置かれている運気を読み解いて、その運気の流れに乗れるような、考え方や行動の仕方を教える学問でもあります


私達はいつも自分のやり慣れている方法で物事を解決しようとします

行動派のあなたであれば、あれこれ考えず動きながら考える

思考型のあなたであれば、シュミレーションをして損や危険があれば行動するのを辞めて、チャンスが来るまでじっと待つ

というようにいつも決まったパターンで行動をしています

しかしいつもそれでうまくいくとは限りません

あれこれ行動しているけど、最近全然結果がでない・・・・
事前にシュミレーションしているのに最近全然思うようにいかない・・・
八方塞がり

こういう場合は自分がいつもしている行動パターン、考え方を変えなければいけません

前方向からくる強い風の中を逆行して歩いているようなものです。
これはしんどいです

天占易学で自分の今の置かれてる運気の風を読み解けば、進むべき方向性がわかるので、前進しやすいのです

運気の風の方向性を見極めて、前から来るのであれば逆に方向転換し、そして追い風に押されながらスイスイ進んでいけるのです

運気の風の概念のひとつに

陰陽の考え方があります

陽はどんどん体を使って動く、人間関係を広げていく、自分がリーダーな存在になって行動する

陰は精神的な充実を大切にする、周りの人の意見を聞いて行動する、慎重に行動する

など自分が今、陰・陽どちらの運気の風の影響を受けているのかによって、行動・考え方を変え運気の流れに寄り添って進めばいいのです

そうすることで、八方ふさがりであった状況から、脱出して前に進みやすくなります

人生が八方塞りになった時は、全てが逆です by加藤諦三

状況を打破する為に、どのように考え、進めばいいか興味がある方は、ご相談くださいね


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
    Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    最近の記事

    1. 遠隔ヒーリング(コロナ後の倦怠感 霊的症状)

    2. 風邪の症状後の自律神経失調症②

    3. 風邪の症状後の自律神経失調症

    おすすめ記事