慢性疲労症候群・更年期障害

慢性疲労症候群の施術

トータルセラピー120分

定期的に来院されているクライアントの整体です

仕事が忙しいのと職場の人間関係のストレスで、疲れが抜けないとのお話しです

以前長時間勤務と仕事のストレスで鬱で休職していた時期があったので、自分でもセルフケアしているようですが、疲れがとれないので来院されました

鬱の観点で心身の状態を診ましたが、イエローレベル(要注意)に来ていると感じます

頭の硬膜の緊張が強く、脳疲労、目の疲労感があります

頭、腰辺りのアストラル体にマイナス想念エネルギーが蓄積されています

潜在意識にあるトラウマエネルギーが、後頭骨の制限や背中にピクピク反応を起こさせている起因になっています

睡眠薬の影響で肝臓の代謝能力が落ちています

仕事と職場のストレスで、過去のトラウマ反応を引き起こすようになってきているので、心身の限界に近づいている気がします

仕事量と人間の関係によってのストレスレベルを減らす必要がありますので、カウンセリングにて心理面の負担を減らすことを優先にしてもらうようにアドバイスを致しました

自分の限界を知ること

心身の負担がどのレベルなのか

など自分自身の健康の危機管理をしっておくことは被害を最小限に留め、回復も早いと感じます

慢性疲労症候群についてのご相談は下記のフォームに記載して送信ボタンを押して下さい。のちほど記載されたアドレス宛に返信いたします

    コメント

    この記事へのコメントはありません。