腰痛・臀部痛

腰痛・臀部痛の施術についての内容を、過去のアメブロの記事から転記します

腰痛 60代 男性

腰が痛くて抜けそうので、なんとかしてほしいと言われた患者さんが来院されました。

お話しをお聞きしますと、最近仕事が忙しくて24時間働くことも多々あるみたいで、少し座って休憩しているとましになるとのお話しでした。

検査してみると腰を少しでも反ると痛みがでましたが、他の検査では特に痛みはでませんでした。

気功の検査では下肢に手が引っ張られたので、下肢の筋肉調整から施術はスタートしました。足首の調整をしている時に、なぜか足の裏が気になってきました。足首の調整を終えてから、足裏に触れてみると、右足のある部分から普段感じないような雰囲気の気を感じました。経穴の反応というのではなく、足裏にでてくる体の反射のようでした。

場所は足の反射療法でいう腎臓にあたります。腰痛と腎臓は関連することが多いので、腎臓が起因でおこる腰痛は腎臓の結石、炎症なども考えられるのでその場合は専門医の受診が必要となってきます。

しかし今回のケースは検査の段階で確率が低いと感じたのでそのまま、施術を続けました。一通りの施術が終わり最後に大腰筋と腎臓のマニュピレーションをおこないましたが、案の定、腎臓周囲の組織が大腰筋も含め緊張しており、またその部分にストレスを感じました。

緊張を緩めて、もう一度腰を反って見た所『あ、だいぶ腰楽ですわ~』といわれて腰も反れるようになっていました。

施術後の説明のときに『足裏に腎臓の反応が出てたので、腎臓の確認をした所、腎臓周囲の軟部組織や筋肉が緊張していたので緩めて、今血行も良くなってます』と伝えました。

患者さんから『実は先週会社で血液検査をして、今日結果を聞きに行った所、腎臓の数値がやや高くなっていますねって言われたんです、後足の裏のこの辺がいつもだるくなって、何でこんな所がだるくなるねんって不思議に思っていたんです』

患者さんが指差した場所がまさに右の腎臓の反射区だったんです。

この患者さんは最近長時間の立ち仕事&工場の温度管理されてる寒い場所での作業が、腰や腎臓に負担になって腎臓周囲の血行不良を引き起こしたんではないかと思いました。

施術後痛みや血行は改善されましたが、今の仕事環境だとまた腰が痛くなることが予想されます。それと腎臓に関しては数値が高いので、下がるまで安心はできません。

次回来られた時も引き続き確認していきたいと思います。

内臓の疲れや疾患は、はっきりわかるものではないですが日々の体調管理を徹底していれば、何かしらのシグナルを出していることに気が付きます。

これからも内臓からのメッセージを聞き漏らさないように日々精進していきます。

 

40代 女性 腰痛


本日ギックリ腰の症状でクライアントさんが来院されました。

4日前に、荷物を動かしている時に『あれ!』と違和感を感じ、その後入浴して上がってから急に痛くて動けなくなったとのことです。

接骨院に行ったり、コルセットをして少しましになっているが、まだ腰は重く痛むし、体がガチガチになっているのでHPをたよりに当院にこられました。

『ギックリ腰』とは急性腰痛と言われ、重いものを持ち上げたり、激しい運動をするなど、姿勢の変化のはずみに起こる症状です。西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるほど、急激に起こる強い痛みが特徴で、イスから立ち上がるなどの日常的な動作でもその発症する可能性があります。その痛みの原因は、急激な運動に耐えられずに起こる腰の筋肉の肉離れや腰椎ねんざで、運動不足によるところが大きいといわれています。

まず検査してみると、腰の左回旋時に右の腰部に痛み、左の臀筋(おしり)を押圧すると右の腰部に痛みがはしり、右の臀筋(おしり)を押すと腰椎のL4,L5付近が痛むとのことでした。

気の検査で左足の筋肉調整から施術をはじめましたが、臀筋は腰部に痛みが出る為に、筋膜リリースと気功を用いて施術を行いました。背部の筋膜が緩み、膀胱系の経絡の気の流れが良くなると、背部の体温があがり温かくなってきました。また仙腸関節周囲に反応があり、ここではスピリチュアルヒーリングを施した所、反応が消えました。ここでもう一度、先ほど痛みが出た臀筋(おしり)を押さえて確認をして頂いた所、『痛くありません、大丈夫です』とおっしゃられましたので、仰向けになって頂きました。

気の検査では、右腸骨周りの癒着の反応が出ていたので、施術をして、左卵巣周りの血流障害の反応もありましたので施術いたしましたが、気の滞留も感じられました。

気の滞留している所を、もう少し細かく観察すると、慢性的なストレスにさらされている感じと、他人の気を感じました。他人の気を感じるということは、クライアントさんに負の影響を与える人物が身近にいることになります。

その旨をクライアントさんに伝えた所『はい、そうなんです・・ストレスが凄く多いです』とおっしゃられていました。そのストレスを感じる部分にスピリチュアルヒーリングを施術し、違和感がなくなったので、肩と首の調整をしました。頭の方まで温かくなっていましたので、腹部と背部の影響が大きかったことが予想されました。

座って頂いて、施術前痛みがあった左の回旋動作をしてもらった所、『もう痛くないです』とおっしゃられていました。

腰の炎症部分はまだ治っていませんが、周りの組織が緩んで痛みが出にくくなっていることを確認できました。

クライアントさんは『身体がすごく軽くなりました、ありがとうございます』と言われてました。

今回の原因は、筋骨格系の緊張(硬縮)と無理な動作で痛みを引き起こしましたが、もともと下腹部の気の滞留(ストレス、他人の影響)で腸が緊張しその反射で臀筋(おしり)の筋肉が慢性的にコリ腰部全体が疲れやすくなっていると予想されます。最近は心理的な要因も腰痛に深く関わっていると日本腰痛学会、日本整形外科学会が腰痛のガイドラインに示しております。

今回は腰痛の痛みの軽減に焦点をおいてしましたが、次回から主の原因である身体に影響を与えているストレス症状を取り除き、自宅でできるストレスケアも教えていければと思っています。


ギックリ腰 50代 男性

昨日ギックリ腰になったというクライアンとさんが来院されました

お話をお聞きすると

身体を捻った時に、電気がはしりそれ以降まっすぐ立って歩くのが辛くて、前かがみでなんとか歩いて来院されたそうです

検査しましたが、顕著に痛みが出ていたのは腰椎の伸展で電気がはしるような痛みがでるそうです。屈曲でもにぶい痛みが出ていました。 

またL5が前方に滑っていました。

施術は、ハムストリングス、臀筋、腎臓、胆経の経絡、大腰筋、下行結腸などの施術を進めていきましたが、腹部の左側に大きな火傷の跡がありました。

お聞きすると幼少期に全身に大やけどをして皮膚にも大きな瘢痕がありました。

そえゆえに、左下腹部の緊張が強く、左大腰筋と下行結腸を緩めていくと、左の腸骨の可動性も出てきました。

一度起きてもらって確認してもらいましたが、後屈時による、電気が走るような衝撃的な痛みは消えて、よくある腰痛の痛みに変わったそうです。

後は炎症を起こしている部位の関節・筋肉のサポートをする為に、キネシオテーピングを貼り施術は終了しました。

クライアントさんは、この1ヶ月仕事と接待ゴルフで休みがなかったみたいです

疲れが出てくると慢性的に血行不良になりやすい瘢痕部位周囲の緊張が広がり腸骨の動きが制限され、慢性的なL5の制限とあわさって、瞬間的に体を捻った時、硬くなった関節・筋肉がその動きについていけず、捻挫を起こしたものと考えられます。

まだ2,3日は安静にしてほうが良いとアドバイスさせて頂きましたが、明日からまた接待ゴルフがありどうしても行かないといけないそうです・・・

お帰りになる際に、

前かがみで歩かなくても痛くないです もう大丈夫だと思います

と言われてお帰りになられましたが、心配なので、もしプレイするならテーピングをして頂きように伝えておきました

日々身体のケアも大切にしながら、仕事も頑張りたいところですね

ギックリ腰 男性 50代

先日ギックリ腰を起こしたクライアントさんが来院されました

つきそいの方と一緒に来られましたが、腰を曲げて来院され、椅子に座るのも、立つのも辛く、電気が走るような感覚があるとおっしゃられました。

寝ていただくのも激痛が走り、仰向けも、うつ伏せも痛くてできなくて、横向きで寝る事だけが痛みがましだったので、横向きで施術をさせて頂きました。

施術中も鼻を指でかこうとしただけで、激痛がはしったということでしたので、痛みは相当なものと推測されました。

クライアントさんは3日ほど前に、腰に違和感を感じてから、スポーツの試合の審判や会社も休まず行かれて、違和感が激痛になっても、日帰りで関西から首都圏まで仕事をこなしてきたとき、強靭な精神力の持ち主でもありました。

その日も午前中だけ仕事を休み、午後から用事を済ませにいくと言われていたので、正直驚きましたが、出来るだけ楽になって帰ってもらうという想いで施術させて頂きました。

施術は、膀胱、直腸付近の軟部組織の緊張を緩め、血流を促進させていったのと、腹横筋や腰方形筋、大腰筋を指圧と遠隔カウンターストレインで緩め、仙骨の裏辺りに溜まっていた気をポジショナルチャンネルセラピーで流していきました

そうしていくと、下腹部や腰などから温かい気(衛気)が出てきて、下半身の気も循環し始めました。クライアントさんもリラックスして途中から寝ていました

施術後、ベットから起きあがる時に痛みが出ると予想していましが、痛みもなく起き上がれていました。

午後からも予定があるというお話しでしたので、炎症部位への負荷を軽減させる目的で、キネシオテープを貼り、少し動いてもらい確認しましたが、椅子に座ったり立ったりするのはもう痛みがなくなり、腰を伸ばして歩けるようになったとのことでした。

といっても治ったわけではなく、今は安静にしていることが大切なので家で横になって休息していただくようにアドバイスをして終わりました

あれだけ激しい痛みがあっても、強靭な精神力があれば、耐えながら仕事も出来るんだな~という尊敬の念も抱きましたが、、早く治そうと思うのなら、集中して休息を取ることも大切なことですね

60代 女性 ヘルニア 脊柱管狭窄症 坐骨神経痛 

昨日はクライアントさんのからご招待を受けて、ダンスイベントを見に行ってきました。

クライアントさんは社交ダンスを長年していましたが、数年前から腰痛が悪化し、今年に入って激痛に変わり、さらに右足の痺れも出てきたので

整形外科で診察をしてもらったということでした

ヘルニア
坐骨神経痛
脊柱管狭窄症

と診断され、薬とリハビリを中心に治療してきたが、階段の上り下り、椅子から立った時に痛みが出てきて、生活に支障が出てきたので、長年してきた社交ダンスも引退されたそうです。

当院に来院されたときには、痛みと痺れが酷いので、何とかしてほしいというご相談で来られていました

主に腰部、股関節、膝、足首の関節、筋肉の調整をメインに一週間に一回程度の割合で来院して頂きました。

1回目で痛み、痺れ共に激減し、3回目では痛みが消失し、5回目には日常生活の範囲内では痛み、痺れの症状は消失しました

そのころに軽いダンスパーテーに誘われておられ、最初は痛みのトラウマで断っていたけど、踊らなくていいから参加だけしてみたらと言われ参加されたそうです。

そこで一曲だけ踊ったが、次の日も痛みが出なく重だるさが残ったので、また当院にお越しくださいました

クライアントさんも

もしかしたら、また踊れるんじゃないか・・・

という自信につながったみたいでしたので

今の状況だったら踊れると思うので、思い切ってもう一度好きなダンスにチャレンジされたらいかがですか

と提案してみました。クライアントさんもケアしながらなら、なんとか出来るかもしれないということでしたので、ダンスレッスンやダンス交流会の後に整体でケアしながら取り組むことになりました

レッスンも徐々にハードになり昔の練習量にもどっても痛み、痺れはなくなり本格的にダンスできるようになったみたいで、ダンスの先生やダンス仲間が復活を喜んでいたらしいです

そのダンスの先生主催のダンスイベントで多くの人が集まるなか、ダンスを披露されるということで、その晴れ舞台にご招待をうけ、私も見に行くこととなりました

初めて社交ダンスのイベントに参加しましたが

イベント参加のダンスの先生方、ダンスを披露される生徒の方々の

衣装のきらびやかさと踊りに懸ける熱意に圧倒されました

モダンやラテンなど様々なバリエーションがあり、体のリズムもテンポも曲調で全然異なるので、繊細な体の動きを求められるダンスです

クライアントさんもダンスの先生とペアーを組み、回転動作などキレのある踊りを披露されていました

クライアントさんが色々な障害を乗り越えスポットライトが当たる晴れ舞台に立てたことは、自分のことのように嬉しかったです

それと踊りに必要な関節の可動域など見れたので、さらなる手厚いサポートが出来そうです

初めて社交ダンスを見ましたが、会場の独特な雰囲気を味わえ、良い刺激を頂けました。

とにかくダンスされる皆様は姿勢がいいですね

70代 男性 腰痛

今週初めから、腰が痛くてなんとかしてほしいとのことで、高齢のクライアントさんがお越しくださいました

少し腰を回した時に、ピキっという音がしてから、だんだん痛くなったそうです

来月から海外に行くので、それまでには治したいとのご要望がありました

来院されたときは、腰を右に曲げて、前のめりで歩いていました。検査していくと、骨盤の動きが悪く、伸展しようとしても、骨盤周りの筋肉が硬直していて、腰を伸ばせない状態にありました

検査したことをクライアントさんにお伝えすると

そうなんです・・・
嫁さんにも姿勢を注意され気を付けようとしてるんだけど、どうしても前のめりになってしまうんです

とお話ししていました

施術は大腿四頭筋、大腰筋、股関節 仙腸関節、回盲部、膀胱、奇経八脈を中心に施術していきました。

一回目の施術で、痛みはなくなり違和感だけになりました。2,3回目で違和感もなくなり、四回目では前のめりの姿勢も治り、真っ直ぐ立てるようになっていました。

最後に姿勢を鏡で見て頂いたら

わ~ まっすぐになってる!!

とほほ笑んでおられました

海外に出発するまでに治ってよかったです

 

70代 女性 背部痛 腰痛

年配のクライアントより、

右背部、側腹部が痛い

とご来院くださいました。

特に朝から昼にかけて痛みがあるらしいです

もともと副腎機能が悪いので、その影響かと思い内科で内臓のCTをとったり、整形外科でも検査したけど、お医者も首をかしげて

よくわかりませんが、たぶん神経痛でしょうね~

と言われて特に治療をしなくて、痛みはそのまま残ってたみたいです

当院での検査をすると

右腎臓付近の血流が低下している感じです。後は十二肋骨付近の筋緊張があり、そこに圧痛点がありました。後は右下腹部、右大腰筋の緊張もありました。

施術は主に、胃経の経絡、上行結腸、右腸腰筋、後頭下筋群、T12,L1L2 右腎臓 の施術を施しました

術後の検査では、回旋の可動域も広がり、押さえると痛みがあった、右腰部の痛みも消失していました。

痛みが無くなったので助かった~

とおっしゃられてました

原因はおそらく、腎臓周囲の血流低下や、腰方形筋、腸腰筋の緊張により、十二肋骨の関節の負荷がかり、サブラクセーションが生じ、痛みが発生したものと思われます

50代 男性 腰痛

腰の痛みを訴えたクライアントさんが来院されました

問診をすると腰椎右回旋時、30度付近で痛み、左側屈時に右腰部に痛みがあり
海外出張とゴルフの影響で体が疲れきっているとのお話もありました

施術ではうつぶせで右胆経の経筋、次髎穴、広背筋 としていましたが、クライアントさんの雰囲気、腹部などから、精神的な影響もある気がしました

うつぶせの次に仰向けになる時の体位を変える動作の時

『先生まだ痛いっすね~』

と言われていました。

腹部も張っていて、上行結腸、大腰筋を中心に施術をしながら、腹部に溜まった邪気を含めた様々なエネルギーを時間をかけて昇華させていきました

施術終了時、最後にもう一度腰椎の右回旋時、左の側屈時の痛みを確認して頂きましたが、

『痛みは全然感じなくなりました』

とおっしゃられていました。

施術後の説明で、

『確かに肉体的疲労もありましたが、腹部に溜まったストレスの影響で下腹部の血行不良を引き起こして、背部の筋肉が固くなっていたのも原因だとおもいますよ』

と伝えた所

『ストレスも腰痛と関係するんですか』

と驚かれていました。2年前にギックリ腰をした時に、仕事で強烈なストレスを感じていたことを思い出されて教えていただきました。

今回はそれほど感じていなかったようですが、

『腰痛は怒りである』

という本が出版されるぐらい、腰痛と心理面の影響は密接に関係している部分はあると思います。

これは腰痛だけでなく、病気全般に当てはまることでもあります

体だけ注目して治らない場合は、心理面のアプローチも必要かもしれませんね

40代 女性 腰痛

昨日、腰痛でお困りのクライアントさんがお越しくださいました。


今回で2回目の来院となりますが、昨日から右肩甲骨近辺、右腰、右足に軽い神経痛のような症状がでているということです。


さっそく施術に入りましたが、クライアントさんより


『先生、前回の施術の時に精神面の影響でも腰痛になるって言ってましたよね?実は最近わかったことがあって、彼氏と仲良くしている時に腰が痛くなって、喧嘩をして言い合いになったりした後は、腰の痛みがましになることに気がついたんです。昨日も彼と喧嘩して腰も楽になったのですが、精神的な影響なんですかね?』とお聞きしてきました


私はむしろ、喧嘩した後なんかに腰痛になったりする例は聞いたことがあるけど、仲良くしていて腰痛になることはあまり聞いたことが無いと伝えると、


『最近、彼氏のフェイスブック繋がりの女性に変な念を感じるんです。私は昔から、人が考えていることがわかったり、人の念を感じることがあります。自分に合わない念を持っている方は一緒にいるだけでしんどくなるので、最近は避けるようにしているんです。その女性とは彼氏も私もお会いしたことが無いのですが、彼氏に対しての念みたいなものを感じて、すごく嫌悪感を感じるんです。だから繋がりを切ってほしいのですが、彼氏はよくわからない理由で繋がりを切るのは失礼だといって、喧嘩になるんです』とおっしゃられました。


腰痛が出始める様子をお聞きすると


『彼氏と仲良く一緒に居てると、だんだん腰がだるくなってきて、気持ちがしんどくなって一人になりたくなってくるんです』と言われました


その話で私はなんとなく理解できました。私も似た経験を良くするのでわかるのですが、これはエレメンタル(想念)の存在だと確信しました


おそらくフェイスブック繋がりの女性より送られた負のエレメンタルが彼氏に影響を与えていて、その影響を受けた彼氏と長時間一緒にいることで、感受性豊かな彼女にも影響を与え、ご自身の弱点である腰がしんどくなるという図式です。


その旨を伝え、影響を受けにくくする対策法はいくらでもありますよ、とお伝えしましたが、そこで気になったのは何故そのような現象がおこったのかです。


事前に、このクライアントさんの天占易学のグラフを、カルテにメモしてありましたので、治療しながら目を通していきました。


その件で喧嘩するようになったのは6月からで、グラフでは6月を境にして陽から陰へと月の運勢の波が変化しております。また今年を象徴する数字が4で、これは人間関係を表しております。極陽に9がきており、白黒はっきりさせるという意味の数字がきていました。長期波動が辰のステップです


この天占易学のデーターから見えてきたのは、


『幸せになる為に彼氏と今後の将来をどうしていきたいのか、深く考える時期にきている』と感じました


天がそのことを気が付かせる為に、一見ネガテブに見える状況をお作りになられたんじゃないかと思いました。


その旨を伝えたところ


『その話しなんかしっくりきます』と言われました


その間施術も同時進行でやっていましたが、胆系の経絡の調整をしたのちに、前回気功セミナーで練習した、気の凝縮法を腰に施し、性格改善を手助けする気功法をいたしました。


最後にブッティー体のエネルギーをクリアーにして施術は終了しました


クライアントさんに確認すると、肩、足の痛みは無くなりました。腰は少し痛みはあるもののだいぶ楽ですとおっしゃらえました。


クライアントさんが言うには、感性は人一倍強いのですが、普段の仕事は左脳を良く使い、そのせいか彼氏とのやりとりも、効率さを求めて接することがよくあり、彼氏に負担をかけることも多いとか。右脳と左脳をバランス良く使うことが私の課題なんですとお話しされていました。


彼氏とどうしたら幸せな関係を築けるのかを念頭に置いて考えていくと、左脳と右脳が調和して働くイメージが見えたのでクライアントさんに伝えた所、『なんとなくわかってきました』言われておりました。


お帰りになる時に、『あ、今腰の痛みが全然ないです』と言われ.ました。


体に出る症状は、あなたの人生の幸せになる為のヒントが隠されていることがあります。そのメッセージに気が付くと症状が和らぐこともあります。症状が出た時は、人生を振り返り、静かに内面を見つめなおすことも参考にしてみてくださいね

女性 40代 臀部痛 抑うつ症状

臀部痛と抑うつ症状で来院されました。

数年前から30分程度イスに座ると臀部に痛みが出て来るようになって、この一年は10分程度座ると激痛で、凄く辛いとおっしゃられていました。

それと長年の痛みから、朝起きた時に体調が悪いと落ち込みしんどくて一日横になることがあるということです
その時によく考えることは、

他の人は働いているのに、何も出来ない自分が情けなくてさらに落ち込んでしまうともおっしゃられていました。

施術して気付いたことは

盲腸周囲の癒着、血流低下
片方の仙腸関節の制限
片側骨盤の前方変位
アナハタチャクラの自己否定の想い
延髄の血流低下
梨状筋、中殿筋、ハムストリングスの過緊張

などがありましたので、施術していきました

臀部の痛みとその痛みで抑うつの症状が一年以上続いていることから、痛みを緩和させることを優先に考え、週2回程度で施術していきました

1回目の施術後は痛みはましになったが、好転反応が出て次の日一日中眠気があったということです

2回目以降からは好転反応はほとんどなくなり、痛みも減少していきました。

2週間ぐらいすると、外に出て散歩する気力も出てきて30分程度歩けるようになった。

しかし散歩後の筋肉痛や前かがみになった時にピキッとした感覚で、また悪くなったんじゃないかと凄く落ち込んでいますと、たびたび相談がありましたが

久しぶりに運動した後なので、筋肉痛になる
体が硬いので前かがみになる普通の人でもピキッとなることがある

と説明し悪くなったわけでないことが理解して頂いたら安心され、落ち込みが回復しました。

そして自己否定の想いも湧いてくるので自己否定の想いに対しての対策もしていきました

1ヶ月ぐらい経過すると、外出して友人の所に行ったり、臀部の張りが出てきても痛みを感じることは少なくなり、抑うつ症状も回復してきていきました

臀部の痛みもだいぶましになったとおっしゃられていましたので、症状を理解してくれる人達と外出したりして、不安で出来なかったことにチャレンジしていけば、さらに自信がでてきて、気力ももっと湧いてくると感じています

 

TEL(0798)42-7182 
お問合せフォーム