五十肩 肩こり

五十肩(肩関節周囲炎)・肩こりの施術について、過去のアメブロの記事から転記します

60代 女性 五十肩(肩関節周囲炎)

本日は五十肩の症状のクライアントさんが、来院されました。今回で2回目になります。

五十肩とは肩関節周囲炎とよばれるもので、肩があがらない、肩が痛い、寝返りをうつと痛みがでるなどの症状をいいます。

初回のクライアントさんの症状は、車で駐車券を取ろうと思ったら、激痛がはしったとのことです。肩の検査で、右側は90度までは拳上できますが、それ以上はあげると、腕のいろんなとこが痛むとのことでした。

一回目の施術では、主に背部、腋窩(腋の下)筋肉調整と、頭蓋仙骨セラピーで緊張した神経を緩めて終わりました。施術後は120度まで回復し、もう一度駐車券をとる動作をしてもらったら痛みが10⇒2ぐらいに減ったとのこと。

一週間後の今日、再来院されましたので術後の経過を聞くと、駐車券はほとんど痛みなく取れるようになったけど、まだ肩をあげると痛みがあるとのことでした。また膝がだるくて痛みがあるのでそちらもやってほしいとおっしゃられていました。

気の検査では下腿の調整、腹部のマニピュレーションが先に出たので、そちらの施術を行いました。腹部は回盲部が機能低下している感じでしたので、施術をおこないました。右下腹部(回盲部)の反応で肩が痛くなることもあるので、その旨伝えました。

腹部のマニュピレーション終了し、うつ伏せになってもらう時に、クライアントさんが肩を動かして、右下腹部(回盲部)の影響があったのか確かめていましたが『あれ、だいぶ動くようになってる!』と言われていました。

施術はまだ終わっていなかったので、反応があった仙腸関節と小殿筋、梨状筋のマニピュレーションで施術終了。

クライアントさんに再度確かめてみて頂いた所、足はすっかり良くなった。でも肩がまた気になり始めたと言われていました。肩はの可動域は術後上がっていましたが、痛みがまだあるので、セルフケアもかねて自宅でできるトレーニング法を一緒にしてもらったところ、『あ!すごく動くようになりました。五十肩は一生治らないと言われていたので、本当に嬉しいです』といわれておりました。
今回の肩の痛みの原因は、肩周囲の筋肉が70%、右下腹部の血流障害が20%、自律神経のアンバランスが10%だと感じられました。

今回のように、同じ肩の痛みでも、その時の身体の状況により施術方法が異なることがありますが、身体が最適だと思われる施術方法を選択している結果ですので、ご安心ください

 

60代 女性 五十肩(肩関節周囲炎)

今日は古くからの知り合いの方が、来院されました。

腕が痛くて上がらない状態が数か月続いているという症状で去年から定期的に来院されているお方です

定期的に来て頂いているお蔭で、今日検査して見た所、痛みはほぼ無くなって、可動域も正常になっていました。

後は肩を動かす時のツッパリ感だけが気になるとのことでした

今日は五十肩の症状でしたが、ほぼ全身の施術になりました

特に太ももの筋肉の調整、ツボ押しをしていてるときでも、肩に響いて影響があることがわかるそうです

『やっぱり体って、全部繋がって影響しあってるんやね~』

と言われて感心されていました。

身体は筋肉、関節、内臓、血管、リンパ、神経、経絡が連携して体の維持をしているので、どこかに制限があると、色んな所にその影響が波及することが多いです

心の問題もホルモンや神経系、エネルギーを通して体に影響します。

ですので、どんな症状も多角的に考えていく必要があると感じています。

当院で、整体術の他にもカウンセリングや気功、運気なども視野にいれているのはその為です

視野が広がると、今まで見えてこなかった風景が見えて、問題解決の糸口を掴めるかもしれません

50代 男性 五十肩(肩関節周囲炎)

ゴルフ後に肩の痛みを感じ、2か月経過しても治らないクライアントさんが来院されました。


お話をお聞きすると、ゴルフのスイング時に痛みを覚え、数日経過しても痛みが治らない為、整形外科に受診し、そこで五十肩と肩の筋肉の微小断裂と診断されたそうです


5回程通院されそのたびにヒアルロン酸の注射をしていたそうですが、通院してからのほうが痛みが酷くなったとおっしゃられていました。


今では物を取る時に腕を伸ばしたり、肩をあげるだけで痛みがでるようになったそうです


経緯をお聞きしてから、まず整形外科テストで肩周囲の検査をさせて頂きました。肩の関節可動域は外転90°以上で激痛、また外旋時にも痛みがありました。アプレーテストも外旋外転時で陽性で、内旋、内転時は陰性でした。


肩甲骨の動きも肩甲骨の内側にある筋肉の緊張が強く、上方回旋時の動きが鈍くなっていました


ゴルフなどのスポーツを毎週している割には肩の筋肉が硬直しているので疑問に思い質問させて頂いたところ


『整形外科で安静にしてなさいと言われて、ここ2ヵ月運動していないんです』


とおっしゃれていました。


施術は主に、背中の筋と上部肋骨、臀部の筋、骨盤の調整と上行結腸のマニピュレーション。最期に肩の内転筋の筋エネルギーテクニックを用い終了しました。


再度肩を色んな角度に動かしてみて頂いた所


『今は全然痛くなくなりました』


とおっしゃれていました。


外転時にあった痛みも消失していました。


おそらく、整形外科で肩をあまり動かさないようにと指示を受け、動かさなかったので肩の周囲の血行が悪くなり、肩甲骨の動きも鈍り、痛めた筋肉に負荷がかかりやすくなった為痛みの閾値が増加したと思いました。


施術により肩甲骨の動きが回復し、肩の動きに柔軟性が出た為、痛めた筋に掛かっていた負荷が軽減され、肩を動かしても痛みを感じにくくなったと思われました。


運動なので筋肉を軽く痛めた場合、最初の2日程度は安静にしておいた方が良いですが、後は痛みが出ない程度にどんどん動かした方が治りが早いと思います

50代 男性 五十肩(肩関節周囲炎)

珍しく海外に在住のクライアント様が来院されました
仕事の都合で日本に来ているらしいのですが、肩が痛すぎてどうにもならなくなって、当院にお越しくださいました

住んでいる国でも、カイロプラクティックや整形外科などにも数十年通っているが、痛みが変わらないし、手術を勧められるので行かなくなったらしいです。

カイロプラクティックでは骨の歪みが原因と言われたが、長年治療しても治らないので違うんじゃないかと思っていたとおっしゃられていました

検査していくと、C7 T1 T2間の関節の変異を確認しましたし、その周りの軟部組織にも筋硬結があります。上向きで寝て頂いたところ、右肩に激しい痛みがあり、また首の前屈でも痺れと激しい痛みを感じておりました。

斜角筋群の緊張、小胸筋、大円筋などの過緊張を確認し、第一肋骨も下方回旋気味です。整形外科的なテストでは、いわいる胸郭出口症候群に該当しておりました。

施術では、最初はうつ伏せで主に推拿を中心に、経絡経穴療法と、ウイシュダチャクラのヒーリング、を施していきました。
うつ伏せの施術後にもう一度上向きに体位を変えて頂きましたが、上向きでも痛みが無くなったとおっしゃられていました

上向きでは肩関節の可動域を広げていく施術をしながら、関連がある腹横筋や大腰筋、腎経の施術していきました。

施術後、体の状態をクライアント様に確認してもらいましたが

最初痛みが酷かったが、今は1,2ぐらいの痛みのレベルになっているとおっしゃられていました。
今まで数十年通っても痛みがほとんど変わらなかったのに、数時間でこんなに変化するなんて・・
とおっしゃらていました。

日本語が理解できるお方ですので原因を説明しましたが、クライアント様自身すごく勉強されていて、そうじゃないかと推測していたことと、同じだったらしいです
骨、関節、神経だけ診ても解決しない場合は、筋肉、血流、気、リンパ、内臓まで視野にいれると問題の原因を見つけることが出来ます

日本に滞在する期間が短いので、帰国するまでになんとか治したいとおっしゃれていました
滞在期間内の施術と自分でセルフケアが出来るようにして、帰国しても快適にすごせれるように計画していきます

 

30代 女性 肩こり 頭痛

先日肩こり、頭痛の症状の患者さんが来院しました。


お話しをお聞きした所『もう一年半も前から肩の張り、頭痛に悩まされてます』と切羽詰まった感じでお話でしされていました。


検査してみましたが、後頸部の筋肉が緊張しているぐらいで、一年も悩ますような筋肉の状態ではなく、原因となるものが、その時はわかりませんでした。しかし患者さんの頭から非常に強いストレスを気で感じました。


患者さんに『検査する限りでは、後頸部の緊張以外は見当たらなかったです。他は頭にストレスが溜まってますね』というと『そうですか・・』とおっしゃられただけでそれ以外患者さんは何もいわれませんでした。


施術は右腕→左腕としていきましたが、右腕の小指側のラインの経絡の流れが極端に滞っていましたので、小指側の経絡の流れを促進させた所、一瞬で患者さんは眠りにつきました。頭の緊張が緩んでリラックスしたんだと理解しました。


その後、頭の後ろの筋肉の調整をしていましたが、なぜか緩まないし、患者さんも眠りながらも、首に力が入っています。これはどうしたものかと考えていたら、指がピクピク動きはじめ、前腕や首の筋肉も、緊張したり、弛緩したりして、今度は背中がのけぞったりと上半身が色々動き始めました。


いわいる不随運動といって、意識しないでも体が動いてしまうという『ミオクローヌス』という状態になっていました。脳内の神経伝達物質がうまく作用しなくて起こる可能性があることから、神経をリラックスさせる目的で自律神経のリズムを整える手法を用いて施術をすることにしました。


この手法は体の中に溜まった抑圧されたエネルギーを解放する効果もあり、施術前に感じた強いストレスが引き金になってるかもしれないという考えから選択しました。

その手法を用い体を観察していると、腕や指、首などで筋肉が緊張したり、ゆるんだりを繰り返し、上半身の動きがさらに増しましたが、神経のリズムが整いはじめると、不随運動が落ち着き始めました。

不随運動が無くなった時点で肩を触ると、すでに柔らかくなっていました。少し筋肉が緊張している部分を調整して、患者さんに起きてもらって確認して頂いたところ、『わ、全然楽です・・・なんか自分の体じゃないみたいです』と言われていました。

原因に思えた、強いストレスが起因となり、肩、首が慢性的に緊張状態にあり、その疲れから頭痛を引き起こしただと思いますとご説明しました。

患者さんは『実は自分も精神的のことが原因じゃないかと思っていて、整体院にくる前に病院に行こうと思ったが、精神科に行けといわれそうで怖くて病院に受診できなかった』とおっしゃられていました。

また3日後来院されましたがその時に。『先生、今まで一時間ぐらい寝ると目が覚めて全然寝れなかったのが、施術した日から今まで6時間一回も起きずに寝れるようになりました!』と言われていました

実は不眠症だったことをその時初めて知りました・・・。2回目の施術ではほとんど不随運動はおこらず終始体はリラックスされていました。1回目に感じた強いストレスも感じず、精神的にも、肉体的にも非常によい方向に向かっていると思われます。

患者さんも1回目の緊迫した表情はなくなり、終始緩やかな笑顔になられており、施術者としては一安心というとこです。明日から海外に1ヶ月行かれとおっしゃれていましたので、なんとか間に合ってよかったです。

心と体の両方考慮して施術をしないと、本当に人を癒すことはできないことを身に染みて経験いたしました。

 

30代 女性 肩こり

今回来院された方は小さいお子さんがおられる方でしたが、、右肩の三角筋、腕橈骨筋、大円筋や斜角筋群、そして脊柱起立筋や中殿筋、梨状筋などが、疲労していました。後は骨盤隔膜や下腹部のリンパ、血流の停滞などがあり、前頭骨、頭頂骨、硬膜の緊張、ストレスエネルギーの蓄積など、多くの場所で疲労がたまっていました。

疲れが溜まった状態では、重い荷物を持って、子供を抱えて、親戚や義理の両親などに気を使って、一緒に外出したりするのはかなり過酷な旅になります

施術を受けられた方は、帰省するの予定があるので、帰省する前に整体を受けられたみたいですが、施術後は随分と楽になられたみたいで、

肩や腰が凄く楽になったので、なんとか頑張っていけそうです

とおっしゃらていました

30代 女性 五十肩(肩関節周囲炎)

服を着替えた時に肩に激痛が走り、それ以来痛みがなかなか減らないというクライアンとさんが来院されました


もともと五十肩でありましたが、着替える際に痛みがでて、その後風邪も引いたこともあってか、痛みが10日程度経過してもなかなか治らないということだそうです


検査してみると、肩関節は屈曲、外転とも頭上に手が上がるぐらいで痛みが出て、肩を開く(外旋)時と手を背中に回したときに痛みが出ていました。


触診では、肩の上部(棘上筋付近)と、脇付近(大円筋、上腕3頭筋近辺)に圧痛点がありました

施術は、右手首~肩甲骨周りの筋・関節の調整、骨盤の調整、頸部と後頭骨の調整を行いました

肩周囲は痛みが続いているせいもあって神経過敏になっているため、先日習ったばかりの肩関節周囲のカウンターストレインと気功で痛みが出ないような手法で施術いたしました。

なかでも五十肩と大円筋・広背筋のカウンターストレインの手法が一番肩周囲の緊張が緩んだ気がしました


施術後にもう一度検査した所、肩を開く動作(外旋時)はまだ痛みがあるものの、手を頭上に上げる動作(屈曲・外転)及び手を背中に回す動作では痛みが無くなったそうです。


後肩の上部を指で押さえた時の痛みもなくなっているとのことでした。


服を着替えた時の発生した急性の症状はほぼ消失したみたいですので、後は慢性的な症状を施術するのみです